P.A.S.T.O.R

Ray Edward氏が提唱するフォーミュラ。

P.A.S.T.O.R

ライティングをする前に考えるべきこと。

“P” is for PROBLEM(問題は何か)
“A” is for AMPLIFY(問題をそのままにするとどう増幅するのか)
“S” is for STORY and SOLUTION(ストーリーと解決策の提示)
“T” is for TRANSFORMATION and TESTIMONY(トランスフォーメーションのイメージとお客様の声)
“O” is for OFFER(あなたのオファー)
“R” is for RESPONSE(行動を促す)

参考)
https://rayedwards.com/031/